Mobile Learning


歴史(世界)1

_ 秦の始皇帝

前770年〜前221年までの約550年にも及ぶ春秋戦国時代に終止符を打ち、初めて数多くの国々が乱立していた中国全土を統一して中央集権的大帝国を建設した帝王の事です。 ご存知でしたか?

選択肢 投票
よく知ってる 1  
聞いたことはある 0  
知らない 0  

_ 始皇帝の父

彼は子供時代、実は恵まれない子でした。父親である子楚は、秦国から趙という国に人質として送られていた人物で、後の始皇帝、政とその母親を放っぽいて、秦国に逃げ出してしまったのです。そうです。彼はいらない子だったのです!! 父親の夜逃げという困難に合いながらも、彼は母親と一緒に趙国で暮らします。しかし、当時秦国は他の国にしょっちゅうけんかを売っていたので、ひどく嫌われていました。そのため、秦国出身の政は、陰湿な「いじめ」を受けてしまったのでした。

_ 政、秦に帰る。

その後、父親子楚は秦王となり、政ら母子を呼び寄せます。この時政は若干十歳。その後、十三歳の時父王が死んで彼は王様となります。父親が夜逃げし、「いじめ」にあっていた頃を思い起こせば出世したものです。しかし、彼の不運はまだまだ続きます。

_ 始皇帝の母

彼の母親はひどく淫乱な人物でした。愛人(ロウアイというが漢字に変換不可)をつくり、子供までつくってしまいます。そしてあろうことか、その愛人は反乱を起こします。しかし反乱は鎮圧され、その愛人は車裂きの刑を受け、一族全て殺されてしまいます。母を寝取られた恨みは深いです。

_ 天下統一

その後、政は次々と諸国を平定していきます。確かに当時秦は最強国であったものの、戦国の七雄の、秦を除く他の六カ国を一代で滅ぼした政の能力は確かなようです。そして天下を統一し、始皇帝を自称し、すっかり我が世の春を満喫した始皇帝ですが、不老不死の夢を追いかけながら死んでしまいます。そして秦は天下統一後わずか15年で滅んでしまい、その業績と成果は漢帝国に横取りされてしまいます。さぞかし始皇帝も地の下でハンカチを噛み締めていることでしょう。

_ 最後に

さて、波乱万丈の始皇帝の生涯を紹介してきたわけですが、いかがだったでしょうか。このページに何か意見のある物好きな人は、まずいないとは思いますが、万が一いたらどうぞ。それと、始皇帝は一体何歳で死んだのでしょうか。答えはQRコードにのせておきます。

QR_Code.png

#aarticle

 
添付ファイル: fileQR_Code.png 339件 [詳細]
Last-modified: Mon, 14 Sep 2009 14:59:03 JST (4095d)