Mobile Learning


文学(日本)7

_  村上春樹



_ 人物

小説、エッセイ、 ノンフィクション の他、翻訳も手がける。翻訳文体の影響が見られる文章と、多彩な比喩に特徴がある。村上龍と共にW村上と呼ばれ、日本の現代文学の新しい世代の作家として注目を集める。『ノルウェイの森』がベストセラーになった時には、若い女性に人気の流行作家としての一面が強調され、一部には安易な恋愛小説だと批判する文芸評論家もいた。

より良い執筆環境を求めてヨーロッパやアメリカに渡ったこともある。よしもとばなならと並び、多くの作品が外国語に翻訳されている。海外でも評価は高い。1996年には『ニューヨーカー』に11ページに及ぶ特集記事が掲載された。

長編小説を書くために必要な体力をつけるためにマラソンを続けている。また、期間限定のホームページを何度か開設したことがあり、膨大な時間と手間をかけて読者との直接の意見交換を実行。そのやりとりの一部は出版された。

_ 経歴

1949年1月12日 - 京都府京都市伏見区で生まれる。 1961年 - 芦屋市立精道中学校入学。 1964年 - 兵庫県立神戸高校入学。 1968年 - 早稲田大学第一文学部演劇科に入学。 1979年 - 「風の歌を聴け」で第23回群像新人文学賞を受賞。 1982年 - 『羊をめぐる冒険』で野間文芸新人賞を受賞。 1985年 - 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』で谷崎潤一郎賞を受賞。 1991年 - プリンストン大学に客員研究員として招聘される。 1996年 - 『ねじまき鳥クロニクル』で読売文学賞を受賞。 2003年 - 「ポートレート・イン・ジャズ」

_ 代表作

『ノルウェイの森』(ノルウェイのもり)

ノルウェイの森は、村上春樹の長編小説。 主人公と、彼の自殺した友人の恋人を軸に、さまざまな人間模様、恋愛、喪失感などが描かれ、ベストセラーとなった。ヒロインが愛好した曲『ノルウェーの森』が舞台回しに用いられている。


☆あなたはノルウェイの森を読んだことがありますか?

選択肢 投票
はい 0  
いいえ 0  

☆あなたは現代文学古典文学、どちらに魅力を感じますか?

選択肢 投票
現代文学 0  
古典文学 0  

その理由は?


murakami.png
 
添付ファイル: filemurakami.png 302件 [詳細]
Last-modified: Mon, 14 Sep 2009 14:49:36 JST (4095d)