Mobile Learning


文学(海外)1

_   『老人と海』 The Old Man and the Sea (1952)

アーネスト・ヘミングウェイ Ernest Hemingway (1899-1961)

_ アメリカ文学

   『老人と海』あらすじ

 不漁続きの老漁師サンチャゴはたった一人小舟に乗り、漁に出る。そして1匹の魚も釣れなくなってから85回目の出漁で、ついに巨大なカジキマグロがかかる。死闘ののち老人は魚を仕留めるが、舟にくくりつけた獲物は帰途サメに襲われる。結局老人が港へ持ち帰るのは巨大なカジキマグロの骨だけとなり、家に辿り着いた彼は眠りに落ちる。


*この作品を読んだことがある、または、読んでみたいですか?

選択肢 投票
はい 2  
いいえ 0  

_ 文献案内

福田恒存訳 『老人と海』 (新潮文庫)

 この作品は映画化もされているので、なかなか本を読む気にならないという方はそちらを見てみるのも良いと思います。

-----------------------------------------------------

*では、ここで老人が闘ったカジキマグロとはどんな魚か見てみましょう。

http://members.jcom.home.ne.jp/hana-tuna/Kajiki.htm

 ちなみに、作品中に登場するのはマカジキであることから、老人と魚の闘いがいかに過酷で忍耐力の要るものであったか想像できそうですね。

*最後に問題です。

 老人が港へ持ち帰った巨大なマカジキの骨は、旅行者にある魚の骨と間違えられてしまいます。さて、その魚とは何でしょう?


答えはQRコードで見て下さい。

老人と海.PNG

 
添付ファイル: file老人と海.PNG 301件 [詳細]
Last-modified: Thu, 21 Jul 2005 17:14:50 JST (5611d)