Mobile Learning


情報処理2009前期

_ テーマ

情報を処理し分析し、判断し、表現する力を身につける。

_ ねらい

情報を処理する方法、分析する方法、判断し表現するために必要な知識を身につける。

_ キーワード

情報 処理、分析 判断 情報モラル

_ メールとパスワード

_ 【授業計画】

  • 授業の方法 情報を処理する方法、分析する方法、判断し表現するために必要な知識を身につけるための課題。
  • 日程
    第1回、第2回情報の収集(様々なインターネット、OPAC検索の仕方)
    第3回、第4回収集した情報を判断するための知識
    第5回、第6回情報を分析する方法(Excel)
    第7回、第8回表現するために必要な知識
    • ディジタルとアナログ
    • 連続量と離散量
    • セグメント形式とビットマップ形式
    • インタラクティブメディア

詳細はー>http://pbdspace.kj.yamagata-u.ac.jp/w6/kaeru.php?%A3%FA

第9回、第10回情報の発信(情報を発信するために必要な知識)
第11回、第12回情報モラル
第13回〜第15回情報の活用

(メモ帳、ペイント、PDF、メール、電子掲示板、SNS、Word、Excel、パワーポイント、インタラクティブメディア などのツールも必要に応じて利用することもある。)

_ 【学習の方法】

  • 受講のあり方 説明された知識を吸収しようとするのではなく,自分で考え探求すること.
  • 予習のあり方 自分の知らない用語や操作が出てきたら,すぐに,アプリケーションのヘルプなどの説明を読んで理解し記憶するこ と.読んでもわからなければ,「わからない用語」「自分で調べた説明」「説明の中のどこがわからなかったのか」 を,メールで授業の前日のお昼までに送っておくこと.
  • 復習のあり方 課題は次の週まで残さない.

_ 【成績評価の方法】

課題と試験

_ 【その他】

  • 学生へのメッセージ 高等学校 普通科「情報」A,B,Cどれを選択しても学ぶことになっている内容について、高校の教科書で復習しておくとよい。

_ 第1回 高等学校普通科情報の学習内容の比較をしよう。

各学校1名が、担当の先生宛に、年間学習指導計画を拝見させていただきたい、という趣旨のメールを送ってみよう。文面ができたら、送る前に、必ず見せてください。私宛へのccもつけること。

情報の授業がなかった人と、メールを書く学校のない人は、Webで、情報のシラバスを調べよう。重複しないよう分担は授業中にします。

  • メール文の例

〇×先生へ

在校中は大変お世話になりました。 無事、山形大学へ入学し、情報処理の授業が始まりました。 情報処理の授業で、高校の時の普通科「情報」の学習内容を比較することになりました。 もし、年間学習指導計画のようなものがありましたら、拝見させていただくことはできますでしょうか? 昨年のものを処分されてしまっておりましたら、今年度のものでも構いません。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 自分の名前
  • 山形大学 理学部
  • 学籍番号
  • メールアドレス

_ 第2回 第1回の続き。

学籍番号下2桁が1〜10(チームA),11〜20(チームB),21〜30(チームC),31〜40(チームD),41〜49(チームE)ごとに、一つのグループとします。グループの人が調べた高等学校普通科情報の学習内容の比較を、エクセルにまとめ、提出したグループから終わりとします。比較するときには、持参した高等学校普通科情報の教科書を参考にしてください。タイトルが違っても同じ内容、同じタイトルでも違う内容があるかも知れません。OPACで調べた資料を活用してもかまいません。

_ 第3回(13日は健康診断にあたっていると思うので、5月20日です) ワードで数学教材作成

 分担表(話し言葉で高校数学)にある高校数学を、家庭教師になったつもりで、高校生に、話し言葉で説明する数学教材をワードで作成します。連休中に、高校数学を復習しておいてください。担当している分野の教科書や参考書などを持参すると進めやすいでしょう。
また、作成した教材は世界中に発信します。情報発信をするためにはたくさんの制約がありますので、どんな制約があるのか、『ネットジェネレーションのための情報リテラシー&情報モラル―ネット犯罪・ネットいじめ・学校裏サイト』 加納 寛子 (著) 大学教育出版、等の書籍を参考に、自習しておいてください。さらに、データを保存しますので、USBメモリを用意しておいてください。

_ 第4回(5月27日)

前回の続き.完成させる.エクセルで作った図表の取り込みなども追加説明

_ 第5回 収集した情報や作成した情報の信憑性(6月3日)

情報の信憑性をチェックする方法は、「○○○チェック」といいます。情報の発信(情報を発信するために必要な知識)も説明します.

ワードで作成した数学教材を隣同士交換して、「○○○チェック」します。

  1. レポートを交換した人(確認者)と,隣同士に座る.
  2. 誤字脱字,表記ミス,計算ミスなどあれば,赤で修正し,元の人へ戻す.
  3. 修正箇所があれば直し,レポート作成時の注意点を参考に,引用箇所と引用文献を明記する.
  4. 確認者は,相手の分担タイトル名をインターネットで検索し,ネット上の文献の中で,引用漏れがないか確認する.
  5. 回覧名簿の自分の学籍番号欄に,自分が確認した相手の学籍番号下2桁を書く.
  6. 確認者に引用漏れがないか,確認してもらい,印刷した場合に図が切れるなど醜くなっていないか,その他,世界中の人に公開するにあたって不適切な記述はないか,確認を終えたら,提出(公開)する.

提出した人から今日は終わりです.

  • 情報の信憑性に関するディベートのテーマを説明します.1週間の間に,ネットで検索したり書籍や新聞記事を読んだりして,自分の考えをまとめておくこと.賛成であるか,反対であるかは重要でなく,根拠のある説明ができるか,そして情報の信憑性は何かを考えます.
    テーマ:秋葉原の無差別殺人に関するメディアの報道の仕方について 

_ 第6回 情報の信憑性に関するディベート(6月10日)

賛成の人は右側の列,反対の人は左側の列に座る.多少狭いが,2人に1台程度ネット検索をするためのパソコンがあればよいので,椅子だけで移動する.

  • ディベートを行う意義と評価観点
    •  論題について情報を収集する力が身につくこと
    •  物事をいろいろな視点から捉えることができるようになること
    •  筋道立てて論理を考え、組み立てることができるようになること
    •  情報を論理的に判断し、客観的な判断ができるようになること
    •  事実に基づいて,物事を判断・決定を下すことができるようになること
    •  必要かつ適切な情報を調べ、処理する能力が身につくこと

情報を分析する方法(Excel)の予告説明 来週分析するアンケートに全員で回答しします.自分たちで回答したアンケートを,来週分析します.

来週用のデータ http://pbdspace.kj.yamagata-u.ac.jp/formDebate/formDebate.htm

 妥当(でない)と思います。その理由は、、、、、  ディベートの中での話し合いを要約すると、、、、、、  以上を踏まえて、、、、  と思います。

_ 第7回(6月17日) 情報を分析する方法(Excel)

実際のデータをExcelで,分析し,ワードに考察をまとめる.

  1. レポートは,40字×40行,本文のフォントは,明朝10.5にする.タイトルは,自由サイズ,自由フォント.
  2. 全体のページ数は問わないが,はじめに(テーマについて5行以上),結果(グラフごとに3行以上),考察(10行以上),参考引用文献があれば,最後に明記する.
  • データから読み取れることはいろいろあるが,テーマを一つに絞りタイトルをつける.(例:「命の尊さとパソコンの利用頻度の関連性」,「死刑の是非について」,「パソコンの開始時期と携帯電話利用頻度との関係」など)、データから読み取れる範囲で、オリジナルなタイトルをたてる.ただし,全体が一つのテーマでまとまっていること.他の人とかぶらないテーマを見つけるとなお良い.
  • グラフは3つ以上.必ず,キャプション,数値,軸の名前は入れる.
  • (参考)仮説検定の考え方は、「数学C」の「統計処理」の単元で、習ったこと(習うこと)になっています。

_ 6月24日は休講です.

休講ですが,グラフ作成&考察まとめを,進めてください.終わっている人は来なくても構いませんし,自宅で行っても構いません.

作成している中で,エクセルやワードのヘルプを読んでもわからなかったところは,残しておいてください.7月1日最初に説明します.(質問に来ても,この週はいません.)

_ 第8回(7月1日)レポート提出 

ワードにまとめたレポートは,クロスチェックを行い,提出して終わり.

  1. 誤字脱字,不適切な表記はないか,キャプションの位置,参考引用文献は正しく表記されているかを確認し,赤で修正し,元の人へ戻す.
  2. 修正箇所があれば修正する.
  3. 修正済みのレポートを印刷し,右上に学籍番号を書き提出する.
  4. 名簿の自分の学籍番号欄に,自分が確認した相手の学籍番号下2桁を書く.
  5. 提出レポートの合格者は,黒板に番号を書きますので,番号を表示された人から添付をして終了です. (添付を終えた人は順に教室から退出してください.友達を待っている人は、第2か第3実習室で待っていて下さい.)
  • 評価ポイント
    • 情報の公開に際し、不適切な表現はないか。
    • 膨大なデータの中から、情報を処理し、独自のテーマを決定できているか。
    • 自分で決めたテーマに沿ったグラフを表記できているか。
    • データを正しく読み取り、考察が書けているか。(考察は作文ではありません。データに基づいて考えてまとめた文章です。)

_ 第9回(7月8日) 情報モラルビデオ鑑賞と,テキストデータの傾向分析

  • 個人情報の保護 http://www5.cao.go.jp/seikatsu/kojin/index.html
  • 情報モラル等は,話を聞いた見た読んだと言うだけでは評価のしようがありませんので,7月22日に小テストを行います.試験範囲は,前半は主に情報モラルの内容で,本日およびこれまでに話をした内容(読んでおくように指示した内容や見ておくように指示した内容)と,ビデオの内容です.また,参考文献の引用と,グラフが作成できるかも確認します.後半に関しては,指定した内容をA4にプリントアウトして提出する.

_ 第10回(7月15日)〜 表現するために必要な知識,情報の活用

パワーポイントはじめの一歩http://office.microsoft.com/ja-jp/2007/FX102078421041.aspx

(7月8日に活用したい情報の希望を聞きます)

 パワーポイント,ホームページ,ムービーメーカー,エクセルのマクロを使ったプログラミング,その他希望,のうちのどれか一つだけ行います.作成するテーマは,クラスで一つ,あるいは,3種類程度までの中で,統一した内容のものを作成します.希望を決めておいてください(自己紹介のホームページづくりをしたこともありますが,いろいろな理由から却下です.個人の判断で,自己紹介のホームページを持つことはよいことだと思いますが,授業では行いません.自己紹介以外,世界中に情報公開しても問題のないテーマを選んでください).

_ 第11回(7月22日) 小テスト 前半:110番教室に集合 前から順に,間に一人あけて,学籍番号順に着席. 10分+10分

_ 第12回13回(7月29日) パワーポイントと試験の直しの提出.

  • 提出の仕方は,A4一枚あたり6枚のPPTを印刷し,学籍番号を書いて前に持ってくる(合否のみ判断.動きは後日評価).OKの人は,ppt社会・環境・教育に,添付する.
  • 小テストの再提出(記述・演習とも)記述については,間違えた問題の答えを調べ、問題文と答えをレポート用紙にまとめる。
  • 提出物を止めるためのホッチキスを持参すること.
  • 評価ポイント
    • 情報の公開に際し、不適切な表現はないか。
    • 膨大なデータの中から、情報を処理し、調べた事柄に関しては適切な方法で引用できているか.
    • 著作権法・肖像権法・商標権法など知的財産権を侵害していないか.
    • 工夫した動きを取り入れてあるか
  • パワーポイントと試験の直しを全員提出した後,これまでの学習内容の復習
    • 両方合格した人は,パワーポイントが合格しない人の補助にあたる.試験の直しは,指示があるまで,一人で取り組むこと.
  • パワーポイントと試験の直しについては,理由がない限り,本日締め切りとする.

_ 第14回(7月31日) 第3回4回で行った内容の確認テスト他

  • これまでの課題についても自己点検を行って,再提出を行う人は,31日までに再提出をしてください.

_ 第15回(8月4日) ゴールデンウィーク中の課題に関する確認レポート提出

  8月4日14時半までにレポートが合格できなかった人は,追課題を8月10日12時に提出しに来ること.

  • パスワードの変更の仕方は,パスワードに関する正しいルールと共に,8月4日に説明します.最後の時間に変更する理由は,過去に,パソコンを使い始めの段階で,正しいルールに則って変更をすると,パソコンになれていない3分の1程度の人が,パスワードを忘れ,授業に支障が出たためです.

_ このページは黒板代わりなので、授業が終わったら書き換えます。書いてある内容を保存したい人は、メモを取るか印刷して保存してください。また、手元で確認できる黒板ですので、前の画面位置を確認したら、必ず手元でもう一度内容を確認するようにしてください。

_ メモ

 
添付ファイル: fileテスト用データ.xlsx 405件 [詳細]
Last-modified: Mon, 03 Aug 2009 18:24:10 JST (4131d)