Mobile Learning


情報科学2011

情報科学2010

_ 授業の概要

 情報社会の中で人の心身の調和と健康を保ち、ネットやパソコンを効果的に活用し、主体的に問題を解決する力を身につける。そして、病院に来る子どもたちの中にも、ケータイ不安・ケータイ依存・即レス症候群の子どもたちもいる。今後もデジタルキッズはますます増える。そのような子どもたちにどう接していくのか、ネットやケータイ、に関する諸問題について考え、どうつきあっていくとよいかを学ぶ。

_ 授業計画

  • 第1回 9月26日 <基礎用語・基礎知識を学ぶ>
  1. テキスト1章の中の項目から、一つテーマを選ぶ。
  2. パワーポイント作成
    • 院内学級の子どもたちに、テーマについてどんな危険があるのかそしてなどんなことに注意をすればよいのかがわかるようなパワーポイントを作成します。絵や写真、動画や音楽(すべて自作しネットから持ってこないこと)などを利用するとよい。
    • ストーリーを決め、必要な素材一覧を作成する。
    • どんな写真が必要か、どんな動画が必要か、父親役、母親役、子ども役などの衣装を用意し、素材となる写真を撮ったり、「フィッシング」などのダミーサイトの作成など素材の作成を行う。
  • 第2回 9月27日
    • (午前)ネットやケータイの諸問題に関する対策に関する講義
    • (午後)パワーポイント作品作り。

<文献を調べる>

  • グループごとに決めたテーマに関して文献検索http://ci.nii.ac.jp/を行います.
    • 文献を読みわかったことがあれば、パワーポイントに追加。
  • 第5回 10月4日 20日<発表する>

パワーポイントの発表を行う & ポートフォリオの提出

  • データラベルはついているか?
  • グラフにキャプション(タイトル)はついているか?
  • 質問の前に答えが表示されるなど、誤動作はないか?

_ 教科書

  • 『即レス症候群の子どもたち ケータイ・ネット指導の進め方』日本標準(2009)

_ 参考書

  • (ネット・ケータイに関する問題に関して)
  • 『ネットいじめ』現代のエスプリ ぎょうせい(2011)
  • 『ケータイ不安〜子どもをリスクから守る15の知恵』NHK出版生活人新書(2008)
  • 『ネットジェネレーションのための情報リテラシー&情報モラル〜ネット犯罪・ネットいじめ・学校裏サイト』 大学教育出版 (2008).
  • 『現代のエスプリNo.492 ネットジェネレーション バーチャル空間で起こるリアルな問題』至文堂(2008)
    • (レポート作成に関して)
  • 『情報社会の学び力 --レポートの書き方基礎基本-- 』丸善(2010)
 
添付ファイル: file2011情報科学集計結果.mht 543件 [詳細] file2011情報科学.xls 584件 [詳細]
 
Link: 情報科学2010(3773d)
Last-modified: Tue, 04 Oct 2011 10:57:32 JST (3345d)