Mobile Learning


就労問題11

_  障害者と労働

 障害者と労働について→ http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/mokuji/mokuji_16.html

_  どうすれば障害者の就職する割合を高くすることができるだろうか?

企業が法律を遵守し、障害者を受け入れる努力をしなければいけないと思います。政府や自治体が専門のアドバイザーのような機関を作ればいいと思います。

_ 国が定めている法定雇用率はどのぐらいか?…法定雇用率とは「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づき一定数以上の身体障害者または知的障害者を雇用しなければならない。

→(koyou.png) [#j35da1bf]

_ 法定雇用率を達成できないとどうなるのか?              →(noufu.png

_  障害者の働きやすい環境とはどのようなものだろうか?

ある程度のバリアフリーがあり、働く同僚の接し方に差別がないような環境。

_ 障害を持っているとひとくちにいっても知的障害、体の障害と各々違う障害を持っています。そんな中景気が悪くなる一方で一般の就職率も悪くなっている状況で障害を持つ人たちが満足に就職できているはずもありません。やはり企業はできる仕事はやらせるべきですし、法律を遵守しなければいけないと思います。各々の個性をいかせる社会になればいいと思います。

 
添付ファイル: filenoufu.png 289件 [詳細] filekoyou.png 281件 [詳細]
Last-modified: Mon, 04 Jul 2005 15:56:28 JST (5627d)