Mobile Learning


ゲーム1

◆CEROについて◆

_  みなさんはゲームソフトに全年齢、12歳、15歳、18歳 対象と書かれた四角いシールがはってあるを知っていますか?          

これはCEROと呼ばれるもので特定非営利活動法人コンピュターエンターテイメントレーティング機講 (COMPUTER ENTERTAIMENT RATING ORGANIZATION)の略で、ゲームソフトの表現内容により、対象年齢を等を表示する制度です。その目的は、社会の要求する倫理水準に適合するゲ−ムソフトかどうか判断し、適当区分に分類し「年齢別レーティング区分」を行うことです。その目的は、社会の要求する倫理水準に適合するゲ−ムソフトかどうか判断し、適当区分に分類し「年齢別レーティング区分」を行うことです。より詳しいことが知りたいひとはhttp://www.cero.gr.jp/にいってみて下さい。

_ CEROの利点と欠点

昨今の凶悪な少年犯罪の状況を見ると18歳、15歳 対象のゲームに影響されてそのゲームの世界を現実にもってきてしまうということがあり、そういったものを適齢でない子供に見させないように、こういった年齢の区分はより必要なこととしてみることができます。しかし、一方でこの区分は、ゲームの表現の自由を侵害しているといえるところがあり、 また12歳と15歳対象の間の区分が曖昧になっていることやCEROには売り手と買い手の双方に拘束力がないことなどの問題点も多々あります。みなさんはどう考えますか?

  

選択肢 投票
CEROは必要 22  
CEROは不必要 19  

_ なぜそう思うのか、意見などを

#acomment

_ このページを見てゲームに対して何らかの興味が出てくれれば幸いです。 

/私の個人的な意見です。 .→ (%88%D3%8C%A9.png(PNG 画像、219x219 ピクセル).png)

Last-modified: Thu, 17 Sep 2009 13:37:54 JST (4092d)