Mobile Learning


情報社会の学び力2010

情報社会の学び力2009

_ 【授業概要】

  • テーマ 情報社会で学ぶ力を身につける。
  • ねらい ネットやケータイなどにまつわる問題を把握し、海外の事情と比較しながら、問題の背景を知る。問題が起きる理由 を考え、対処方法を提案すること。
  • 目標 情報社会で学ぶ力を身につける。特に、誤解が起きたり問題となっている「ケータイ」「アイコラ」「P2P」「ネッ トいじめ」「ゲーム」などを話題に取り上げる。
  • キーワード 情報社会、ネット・ケータイ、アイコラ、ネットいじめ、ゲーム

_ 【授業計画】

ネットやケータイなどにまつわる問題について議論していきます.

  • (1)􀀉オリエンテーション。ネット上で起きる問題事例について
  • (2)􀀉アイコラ、ネットいじめ、学校裏サイトなどの諸問題について
  • (3)􀀉ケータイやネットやゲーム機などの問題が、なぜ解決しないのか
  • (4)􀀉発達段階に応じたケータイやネットの関わり方について
  • (5)􀀉ネット・ケータイに関する海外の実情
  • (6)􀀉ケータイやネットに関する問題点のマップ化    (各自関心のある問題点を一つ決める)
  • (7)各自関心のある問題点に関して仮説を立て、検証する方法を決める。(5/28)
  • (8)検証過程の中間報告(6/4)
  • (9)検証結果の報告(6/11) 
  • (10)検証結果と考察をレポートにまとめる。(6/18)  
  • (11)検証結果と考察をレポートにまとめる。(6/25) 
  • (12)レポートの発表(7/2)
  • (13)レポートの発表(7/9)
  • (14)レポートの相互評価(7/16)
  • (15)修正後のレポートの提出とまとめ(7/23)
  • 7/30は、月曜日の時間割となります。
  • 7/23の授業時間内に修正点の確認が終わらなかった人は、8/6の確認になります。

_ 授業中

  • 情報社会の問題点1」を新しいウインドウで開き、情報社会の問題点を書き込む。前の人と重複しないようにする。書き込む前にリロード(再読込)ボタンを押してから書き込む。
  • 文献を調べ終えたら下記から提出(6/24まで)

http://pbdspace.kj.yamagata-u.ac.jp/formstep1/

(本か論文は、少なくとも5つ以上調べること。5/21、5/28に説明した方法で見つからなかった場合は、P31に示してあるすべてのサイトごとに、どのキーワードで調べたのか、p36の演算子ごと、各サイトごとに、検索結果をワードにコピーペーストし、クリップかホチキスでとめて提出する。提出した用紙はしばらく預かっておくため、手元にももう1セット印刷しておくと良い。)

  • 各自作成のアンケート依頼フォーム

#acomment

「お名前」のところに学籍番号   次のボックスにアンケートフォームのアドレス 「コメントの挿入」を1回クリックしたら、リロード(再読込)ボタンをクリックすること。 外部からの不正書き込みがあったため、書き込みは閉鎖してあります。授業開始30分前から、解除します。

_ 授業課題

日付以降、次週までの課題です。

  • 4/16 ポートフォリオの準備、『即レス症候群の子どもたち ケータイ・ネット指導の進め方』日本標準(2009)を読み、気になった箇所のリストアップ(書き方例:携帯電話の普及率 P62)、その他気になった新聞記事などは、切り抜いてポートフォリオに挟んでおくこと。
  • 4/23 ポートフォリオの確認。情報社会の問題点を把握するため広く読書をし、切り抜きやメモをポートフォリオに挟んでおくこと。
  • 7/23(8/6) 情報社会の人と学び報告集2 の注意事項を読むー>レポートの添付が完了したら,「レポート」「テーママップ」「質問紙」「ポートフォリオに挟み込んだ資料」をセットにして,前に置いてあるファイルに,自分で綴じる.
  • 最後に,下記レポート作成後のアンケートに回答してください.

_ 【成績評価の方法】

  • 成績評価基準
    • 課題 60点
    • ポートフォリオ 20点
    • 平常点 20点

_ 【テキスト】

  • ケータイ・ネット問題について
    • 『即レス症候群の子どもたち ケータイ・ネット指導の進め方』日本標準(2009)
  • レポートの書き方について
    • 『レポートの書き方』丸善(2010)
  • 【参考書】
    • 『「誰でも良かった殺人」が起こる理由 ― 秋葉原無差別殺人事件は何を問いかけたか』日本標準ブックレット(20 08)
    • 『ケータイ不安〜子どもをリスクから守る15の知恵』NHK出版生活人新書(2008)
    • 『現代のエスプリNo.492 ネットジェネレーション バーチャル空間で起こるリアルな問題』至文堂(2008)
    • 『情報社会論〜超効率主義の構図〜』 北大路書房(2007).
Last-modified: Fri, 23 Jul 2010 11:42:00 JST (0m)