Mobile Learning


Mobile Learning

118581

_  PBD SPACE

(注)PBD
(Portfolio Based Design)
  • 著作権:本サイト内の文章やコンテンツを利用されるときは、必ず引用先を明記の上、メールにて加納(hiroko.kanoh@gmail.com)までご連絡下さい。

_ 情報社会関連書籍など

添付ファイルの正常なダウンロードのためには、IE7かFirefox (http://mozilla.jp/firefox/)が必要です。
右のフレームを左方向へ引いてください。ツイッターの入り口があります。

_[添付]

_  アプリ版Webページ

_ 情報モラル教育システムの構築に関する研究成果

_ ゲームで学ぶ情報モラル

_ post311 原発関連情報

_ げんぱつ子どもサイト

_ 東日本大震災情報サイト

_ バーチャルペットで遊ぼうのページ

http://pbdspace.kj.yamagata-u.ac.jp/vp/

(下記の動画を閲覧される場合は,右クリックで「新しいウインドウで開く」で開いてください.) 

_ 《動画》講義場面(京都大学高等教育開発センター 大学教育ネットワークより)

http://www.highedu.kyoto-u.ac.jp/edunet/DB/030.html

_ ガジェット(オリジナル時計)の無料配布

  1. Vistaサイドバー (fileKANOHSClockforVista.gadget
    • ダウンロードしたファイルを、解凍し、フォルダー名を「KANOHSClockforVista.gadget」とし、%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\WIndows Sidebar\Gadgetsに置く。(参考:http://www.vistacon.jp/gad_sidebar/index.htm
  2. Googleデスクトップ(fileKANOHSClockforGoogle.gg
  3. Yahooウィジェット (fileKANOHSClockforYAHOO.widget
[添付]

_ 名言・格言・ことわざ

_ http://pbdspace.kj.yamagata-u.ac.jp/w6/kaeru.php?plugin=attach&refer=Mobile%20Learning&openfile=%A5%CD%A5%C3%A5%C8%BE%E5%A4%CE%CC%E4%C2%EA.wmv

_ マップ作成

マップには、Mind map、Argument map、Cognitive map、Concept mapなどがある。

発想の自由.png) あたたかいニャ〜 

(1481669848)


  • その他

_ 中継を自分の耳と目で見よう


_ 平成22年度 日本科学教育学会研究会

http://pbdspace.kj.yamagata-u.ac.jp/2010tohoku.htm


_ 学生Webサイト作品集

http://pbdspace.kj.yamagata-u.ac.jp/ghome/

_ バス時刻表http://www.yamagata-u.ac.jp/jpn/yu/modules/topics0/article.php?storyid=395&yu_m=3_2

総アクセス数 118581

オンライン 3

<< 2007.11 >>
[Mobile Learning]
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Mobile Learning/2007-11-25は空です。

_  目次 

(上記をクリックしてください.)

携帯からのアクセスはこちら →w6.PNG

  • このサイトは,大人から意欲ある子どもまで,いつでも誰でもどこからでも学ぶことのできる,学び合いのための協同学習空間です.つまり,学習者によって作成されたコンテンツによって学習者が学ぶことによって,幅広い興味関心と教養を深めることをねらいとしています.
  • また,受け身の学習では,学習意欲がなかなか持続しないものです.どんなにすばらしい人の講演でも,パソコンでストリーミング配信されるWebビデオを見ているうちに,いつの間にかパソコンの前で眠っていたという経験もあることでしょう.e-ラーニング方式による学びの機会が増加しつつありますが,ストリーミング配信されるWebビデオを見るなど,受動的な学習になりがちであるという欠点が指摘されています.
  • そこで,このサイトでは以下の3点に留意してください.
  1. ページを作成するときには,能動的な学習を促すために,アクティブなページになるように心がけること.
  2. ページの作成者は,その分野の専門家ではありません.その代わり,学習者の視点で,その領域の興味深さを伝えることができます.興味関心を持った他の学習者が,その分野を学び始める糸口になるよう,できるだけ多くの参考図書などの情報を提示すること.
  3. 昨今は,1時間前に地球の裏側で起きた事件に関する情報が,瞬時に得られる時代です.考えるよりも,情報(答え)が与えられることに慣れてしまっているのが現代人の特徴でもあります.「よく考えてから次のページを見るように」等の注意書きが書かれていても,1分も考えることなく次のページをクリックしてしまいがちです.そこで,ワンクリックでは答えが見られないための負荷として,最後の決め手となるキーワードやコメントなど「答え」となるページは,QRコード化すること.
  • (注)QRコードの中身となる携帯用サイトは,ez@ezなどフリーの携帯用サイト作成ソフトを活用して作成し,abc1.htm abc2.htm・・・など,グループで統一した英字半角のファイル名をつけて一つのフォルダーに保存してください.

←.png

一休みのコーナー
Moovlを右クリックし,保存してからそのファイルをダブルクリックしてみてください. おもしろいデザインをつくってみてね.
fileMoovl.jnlp
 
Link: ネット関連事件(0m) ポートフォリオとは(0m) IT社会は持続可能であるか(0m) ケータイ・ポートフォリオ(0m) 国際会議(0m) 言語学6(0m) フリーター1(0m) ツール(0m) CGMのメリット・デメリット(0m) Semantic Web(0m) 歴史(世界)7(0m) 携帯10(0m) 考えてみよう5(0m) 文化人類学7(0m) 文化人類学七(0m) 幸せの公式(0m) 就労問題09(0m) 子どもを取り巻くネット環境問題(0m) ビデオのサンプル(0m) プログラミングの基礎(0m) 小説:情報社会で生きる知恵2(0m) 小説:情報社会で生きる知恵3(0m) 小説:情報社会で生きる知恵5(0m) 小説:情報社会で生きる知恵4(0m) 文化人類学6(0m) 言語学1(0m) 文学(日本)5(0m) 小説:情報社会で生きる知恵8(0m) 就労問題04(0m) 小説:情報社会で生きる知恵7(0m) 小説:情報社会で生きる知恵6(0m) 失業1(0m) 携帯11(0m) 情報教育論(0m) 考えてみよう3(0m) 情報モラル6(0m) 6.失業者(0m) 考えてみよう4(0m) 小説:情報社会で生きる知恵9(0m) 情報モラルのポスター1(0m) 小説:情報社会で生きる知恵10(0m) 考えてみよう1(0m) 情報と学び2(0m) 考えてみよう6(0m) 人とコンピュータ1(0m) 全国学力・学習状況調査(H21年小学校)(0m) 言語学7(0m) 情報モラルのポスター2(0m) News(0m) 小説:情報社会で生きる知恵1(0m) 考えてみよう7(0m) 考えてみよう2(0m) 情報と学び1(0m) 携帯8(0m) ネット5(0m) ネット4(0m) ネット2(0m) ネット10(0m) 失業6(0m) 話し言葉で高校数学(0m) ネット16(0m) 歴史(世界)10(0m) 人とコンピュータ4(0m) 情報モラル1(0m) ネット8(0m) 親子さがしものゲーム(0m) 就労問題02(0m) 人とコンピュータ2(0m) 人とコンピュータ8(0m) 情報モラル5(0m) 情報と学び5(0m) 携帯13(0m) 認知科学1(0m) 情報と学び4(0m) 携帯14(0m) 文化人類学 7(0m) 就労問題05(0m) 認知科学2(0m) バーチャルペット(0m) 歴史(世界)2(0m) poy(0m) 音楽(0m) 快適なIT社会のための情報モラル(0m) 就労問題08(0m) ネット1(0m) 携帯2(0m) 情報社会で安全に生きるための問題作り(0m) 就労問題07(0m) 文化人類学9(0m) 携帯1(0m) 文化人類学7(0m) 情報モラル2(0m) 歴史(世界)6(0m) 情報の授業(学外)(351d) 携帯5(853d) 情報と学び6(887d)
Last-modified: Sun, 03 Nov 2013 13:26:38 JST (0m)