Environmental learning


03a110

_ 持続可能な地球環境を守るために。

今現在、地球環境はいろいろな問題を抱えています。例えば、地球温暖化、酸性雨、大気汚染などさまざまな問題が発生してきました。しかし、このような問題に対応していくような社会ができてきています。その1つとして地球温暖化の問題を出すとすれば都会での急激な温度上昇があります。この現象をヒートアイランド現象といいます。

_ ヒートアイランド現象とは。

都市の中心部と郊外と比較して常に気温が高いということは、100年以上も前から報告されており、世界中の多くの都市でも確かめられています。この都市部の気温が周辺部より高くなる現象をヒートアイランド現象といいます。都市内外の気温差は1年を通じてありますが、とくに風のない夜間は差が大きく、また夏よりも冬のほうが差が大きいという傾向があります。その温度差は、時には5度以上になることもあります。

_ その主な原因を考えると、

アスファルトの道路は昼間の太陽の熱射で深層まで高温となり、夜間に蓄積された熱が放出される。樹木は大量の水を空気中に吐き出しています。緑地面積が小さくなると植物や地表からの水分の蒸発量が減少し、蒸発潜熱が減少する。 都市への人口の集中により各種のエネルギーの使用量が増え、排熱量が増加する。高層建物などの壁面で多重反射するため、都市の構造物が加熱され易くなるなどが、あげられます。

_ ヒートアイランド現象に対する対応。

ヒートアイランド現象を緩和するには、次のような対策が好ましい。

_ 人工排熱の低減化

省エネルギー対策としては、車の排気ガスの排出抑制、工場で発生する排熱の回収、住宅建設における断熱材の使用、太陽エネルギーの使用、風力発電システムの導入、ゴミ焼却排熱の利用などがあります。特に我々、建設業で排出される二酸化炭素が日本における二酸化炭素の全排出量の中で多くの部分を占めていることにも考慮し、環境にやさしい新技術の提案をトータル的に提案することが必要となる。

_ 都市における緑や水辺の保全

緑の倍増、道路の沿道の緑化、建物の屋上の緑化、多自然型河川の造成、雨水の涵養と湧水の安定などがあります。都市における快適な生活環境を確保するためには、行政と企業における地道な努力と、一般の方の省エネルギーに対する意識の向上とが、最大の効果を挙げるものと思われます。

_ 自分の意見

屋上緑化や壁などに水流して室内の温度を下げるという方法はこれからの都市部ではしていかなくてはならないことだと思う。また、東京都ではビルの屋上を緑化する事が義務ずけられてきている。このような世の中であって、地球環境を無視した建物など建築されることは、まずないようになってきた。だからと言って、環境と共生するために無理な都市を作ってもしかたがない。このように便利になった社会をいかしつつ環境と共生していくようなよりよい社会、都市を作っていくべきである。

_ 引用先

http://www.ogiken.co.jp/siryou/heat.htm

Last-modified: Wed, 19 Nov 2008 14:38:43 JST (5606d)