Environmental learning


03A232地球温暖化現象

_ 地球温暖化

_ 地球温暖化とは?

大気中の二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素などの「温室効果ガス」は、太陽光により温まった地表から放出される赤外線を吸収し、再び放射することにより、地表と大気を温めて熱を宇宙空間に逃がしにくくしています。このようにして地球は、生物の生存に適した微妙な気温に保たれているのです。しかし、近年の人間活動によって、この温室効果ガスが大量に大気中に排出されるようになり、その結果、大気中の温室効果ガスの濃度が高まり、地表面付近の気温が徐々に上昇してきています。この現象を「地球温暖化」といいます。

_ 温室効果ガス

温室効果ガスのうち、地球温暖化に与える影響の最も大きなものは、石油や石炭などの化石燃料の燃焼により発生する二酸化炭素です。この温室効果ガスの濃度の上昇により過去約100年間で全地球の平均地上気温が0.3〜0.6℃上昇しましたが、温室効果ガスがこのまま増え続けると2100年には、平均気温が約2℃上昇し、海面が50cm上昇すると予測されています。

_ 農業への影響

温暖化は農業にも大きな変化をもたらします。品種によっては、高温による障害、雑草や害虫の増加による悪影響も出ます。地球規模のでの食糧危機説もささやかれています。名古屋大学と国立環境研究所の分析では、米の生産量は若干増加する国があるものの、小麦やトウモロコシは、重要な生産地である中国やインドなどで、大幅な生産量の低下が予想されます。 例えば、冬小麦の生産量は、2100年にはインドで55%、中国で15%減少すると予測されています。海外に食糧の多くを依存する日本では、影響が大きいと考えられます。

_ 海面水位の上昇

地球が暖まることにより、海水が熱膨張し、また、氷河や極地の氷が融けだし、海面の水位は年々上昇していきます。地表面の平均気温が2℃上昇すれば、海面は約50cm(最低約15cm、最大約95cm)上昇すると予想されています。そうなると海面下の地域や高潮津波の危険地域が広範囲に拡大してしまいます。もし海面水位が1m上昇すると、マーシャル諸島の一部では80%、バンクラデシュでは18%の国土が海に沈みます。海に沈む地域の占める割合は国によって異なりますが、低地に住む人々は、家を失ない、難民となってしまいます。

_ 健康への影響

気候変化は、人間の健康に対し広範な影響を及ぼします。そしてそのほとんどは悪影響で、多くの人命が失われると予測されます。直接の影響としては、熱波による死亡や病気の増加が上げられます。間接的な影響としては伝染病を媒介する生物の地理的範囲や活動期間の拡大により、マラリア、デング熱、黄熱病などの伝染病の増加が挙げられます。また、気温の上昇や洪水の増加によるサルモネラ症、コレラなども増加すると考えられます。

_ 漁業への影響

温暖化により水温が上昇すると、冷水性の海藻が減り、これを食べるアワビやサザエ、ウニなどの生物が減少すると予想されます。沖合の漁業については、マイワシ、サバ、サンマなどの魚類が増えると予想されますが、紅サケなどの漁場は北方に移動し、漁獲量は減るでしょう。

_ 感想

今地球では、温暖化がすすんできており、このまま進めば地球上の生物がいなくなってしまうかもしれません。自分が今なにをできるかということを常に考え行動していかなくてはいけないと思いました。自分のこれからの将来のことなので、温暖化防止につながることはなんでもしていこうと思いました。

_ ページ

http://www.mycomj.co.jp/ondanka/ondanka1.html

 
Link: Mobile Learning(3375d)
Last-modified: Wed, 19 Nov 2008 14:38:28 JST (3233d)