[ トップページ > 情報・情報教育 > 学校の情報化 ]
情報・情報教育
[このカテゴリの中から検索]

Xoopsを用いた授業     [修正・削除]

平成17年度 大学情報化全国大会開催されるhttp://www.shijokyo.or.jp/LINK/journal/0601/06_02.html
東大Tree
http://tree.ep.u-tokyo.ac.jp/archives/2006/02/
情報科教員MTのBlog
情報科関連、Xoops、Wiki、Linux関連の記事を書いています。
http://blog.livedoor.jp/will_pwr/archives/50558488.html
プログラム
http://secure1.gakkai-web.net/gakkai/ipsj/program/html/program/P7.html
http://www.jsise.org/newsletter/NewsLetter118.pdf


e-黒板とe-教科書     [修正・削除]

e教材作成ツールdbook ダウンロード


情報に役立つためのおすすめページ     [修正・削除]

1-1.「情報」という言葉について

 「情報」という言葉が、日本で最初に一般社会に現れたのは1903年(明治36年)、クラウゼウィッツが著した『戦争論』という戦争の性質や、作戦問題などを解明した本の中であった。この訳者は森鴎外で、ドイツ語の[Nachricht:ナハリヒト/知らせ、通知、ニュース]という言葉の訳に、情報という言葉を用いた。しかし、「情報」という言葉は森鴎外が造語したのではなく、さらに以前に陸軍内の部内資料には用いられている。しかし、当時の「情報」の意味には「諜報」や、敵国の地勢、住民、軍隊に関する知識という内容が含まれていて、軍事的要素が強かった。

情報に関する行為や媒体、その内容に至るまで、「情報」に関する概念が認識されたのは、19世紀以降の事である。情報はもともと人類の存在と共にあったと考えられるが、文化というものがある以前に情報というものは存在している。例えば、動物の中でもイルカは泣き声で情報を伝えている。

広辞苑によると
情報:information ある事柄についての知らせ、判断を下したり、行動を起こしたりするために必要な、種々の媒体を介しての知識 とある。

情報という言葉は軍事用語として発生してから、今日の意味に至ったのだ。