[ トップページ > 社会科学 ]
社会科学
[このカテゴリの中から検索]

bMccLsnBxLSQMzLnHfj     [修正・削除]

bLCSbl http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQOuaxTXbj5iNG.com


格安カーポート工事館     [修正・削除]

上質なカーポートを格安で品ぞろえています。


カーポートのエクスショップお客様の口コミ評判サイト     [修正・削除]

エクスショップをご利用してくださった、お客様のブログ、紹介サイト。


Linkz     [修正・削除]

5LkRpn <a href="http://zdjvgyrfsmvv.com/">zdjvgyrfsmvv</a>, [url=http://ohgouydthdkq.com/]ohgouydthdkq[/url], [link=http://quuqiuqhoyyu.com/]quuqiuqhoyyu[/link], http://khcmmycsuapg.com/


企業はWeb 2.0関連技術の導入に意欲的     [修正・削除]

米ChangeWaveは米国時間1月8日,「Web 2.0」と呼ばれる技術を企業がどのように利用しているか調査した結果を発表した。それによると,企業が最も関心を寄せているWeb 2.0関連技術は「Wiki」(20%),「ブログ」(18%),「ソーシャル・ネットワーキング」(15%)だった。

 すでに24%の企業がWeb 2.0型のソーシャル・ソフトウエアを利用しており,さらに8%が今後1年間に導入予定である。また,社内におけるWeb 2.0型ソーシャル・ソフトウエアの利用に「非常に意欲的」または「ある程度意欲的」という企業は39%に達した。

 現在Web 2.0を導入している企業にその理由を尋ねると,「社内のコラボレーション環境の向上」や「社内の効率性や生産性の改善」など,社内の環境整備を挙げる企業が多かった。一方,今後導入予定の企業は,「社内のコラボレーション環境の向上」以外に,「顧客サービスとサポートの向上」「社外におけるブランド認知度とロイヤリティの向上」「製品やサービスの売上高向上」など,社外に向けた用途に注目していることが分かった。

 また今後1年間に投資予定の分野を尋ねると,現在Web 2.0を導入している企業では「Wiki」(26%),「ブログ」(15%),「ソーシャル・ネットワーキング」(13%)をトップ3に挙げたのに対し,将来導入予定の企業は「ソーシャル・ネットワーキング」(22%),「ブログ」(21%),「Wiki」(15%)の順となった。

 またWeb 2.0関連技術のリーディング・ベンダーには,「ソーシャル・ネットワーキング・ソフト」「Wiki」「ブログ」「コラボレティブ・タギング」「マッシュアップ」の5分野で米Microsoftがトップに立ち,唯一「ソーシャル・ネットワーキング・サイト」で米LinkedInが首位となった。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Research/20080109/290706/?ST=saas


投資信託より儲ける方法     [修正・削除]

投資信託より確実に将来の資産運用を安心にする方法を教えます。ラットレースから抜けたい人はご覧下さい


デイトレード     [修正・削除]

デイトレードで2億円儲けたい人はご覧下さい。投資のプロにのし上がった男の投資術


M&A企業売買     [修正・削除]

企業売買や事業拡大について考えている経営者様には必見です


システムトレード     [修正・削除]

システムトレードで株式を自動売買し、投資戦略を立てる。


投資家への道     [修正・削除]

株式投資の株式自動売買で月収700万も可能。


警察白書     [修正・削除]

 


犯罪白書     [修正・削除]

 


犯罪被害者白書     [修正・削除]


偽装請負     [修正・削除]


地獄労働としての偽装請負
彼は、京阪神圏の大学を卒業した後、フリーターを始めた。聞けば、派遣・業務請負の会社に登録して働いているという。そこからの指令によって、たとえば大山崎など京阪神の辺鄙なところにある工場などに勤務しているそうだ。
 「自動車を作るための溶接の仕事を経験した」と彼は言った。ボタンを両手でおさえると、自動車の部品に200Kgの圧力がかかり、溶接できるそうだ。その作業をずっとやっていると、やがて、手のひらを内側に曲げる動作ができなくなるという。
どういうことか。厚手の軍手を二重にしてはめる。それで、両手のてのひら全体を使ってボタンを押す。そのうちに、だんだんと手が固まって、なめらかな動きができなくなってくるという。人を無能にしてゆく労働なのだ。
こうした、誰もが嫌がり逃げたがる過酷で破壊的な労働が、下請け・孫受け・偽装請負またはヤミ派遣などにまわってくる。
(http://blog.goo.ne.jp/egrettasacra/e/aa2061f642cf5f50af760f48bbcca51cより引用)

「偽装請負」の違法派遣とはどんな場合でしょうか?
http://www.asahi-net.or.jp/~RB1S-WKT/qa2136.htm
偽装請負
http://www.asahi.com/special/060801/


ジニ係数は、所得格差を数値化する     [修正・削除]


全国消費実態調査トピックス     [修正・削除]

平成18年度年次経済財政報告(平成18年7月18日)
平成17年度年次経済財政報告(平成17年7月15日)
平成16年度年次経済財政報告(平成16年7月16日)
平成15年度年次経済財政報告(平成15年10月24日)
平成14年度年次経済財政報告(平成14年11月5日)
平成13年度年次経済財政報告(平成13年12月4日)
平成12年度年次経済報告(平成12年7月14日)
平成11年度年次経済報告(平成11年7月16日)
昭和42年度〜平成10年度


ニート、フリーターのいる家庭の経済状況     [修正・削除]

ニート、フリーターのいる家庭の経済状況は、「普通」が44・6%、「裕福」は「どちらかというと」を含めて35・7%で、大半が中流以上だ。家族との関係も比較的良好で、「どちらかといえば良い」が49・5%、「非常に良い」も11・3%あったということだ。


東アジア共生へのシナリオ     [修正・削除]

社会システム,経済,家族などの組織構造に関する論考


ジニ係数は、所得格差を数値化する     [修正・削除]


McMillan[Games, Strategies and Managers]     [修正・削除]

ゲーム理論


若年層の格差指数 15年で26%上昇     [修正・削除]

財務省の財務総合政策研究所が五日発表した「日本の経済格差とその政策対応に関する報告書」によると、一九八七−二〇〇二年までの十五年間に、所得格差の度合いを示す代表的指標の「ジニ係数」が二十五歳未満の若年層で約26%上昇したことが分かった。「四十五−五十四歳」では約3%の上昇にとどまっており、若者の格差拡大が鮮明になった。厚生労働省の「所得再分配調査」のデータをもとに千葉大学の大石亜希子助教授がまとめた。

 若年層の格差拡大について、大石助教授自身は「原因を分析していない」としているが、「ニートやフリーターの増加が格差拡大の要因」と指摘する専門家は多く、論議を呼びそうだ。

 それによると、税と社会保障制度による所得の再分配を加味すると六十五歳以上の高齢者などでは格差の縮小が進んだものの、二十五歳未満では課税所得に達しない層も多く、ジニ係数は逆に約29%も上昇。「三十五−四十四歳」も格差拡大の傾向が目立った。


幸せの数式     [修正・削除]

 


ジニ係数     [修正・削除]

ジニ係数についての考察
http://samurai9.net/8357836A8C579094/
http://rh-guide.com/weblog/archives/2006/03/post_15.html
http://www.jil.go.jp/zassi/200109shinozaki.html


Google Maps APIを使った地図サービスが次々登場     [修正・削除]

http://www.google.com/apis/maps/
http://maps.google.co.jp/
http://map.hatena.ne.jp/


格差社会と自殺の増加     [修正・削除]

http://baka-wo-sakebu.cocolog-nifty.com/nihonnocyushin/2006/05/post_fed8.html


ロボトミー殺人事件     [修正・削除]

 


ロボトミー lobotomy     [修正・削除]


30−40代の所得格差が最大で30%拡大     [修正・削除]

平成14年までの15年間に、所得格差の度合いを示す指標値「ジニ係数」が30−40代で最大約30%上昇したことが7日、厚労省所得再分配調査の再集計でわかった。


社会生活統計指標 −都道府県の指標−2006     [修正・削除]

社会生活統計指標 −都道府県の指標−2006
http://www.stat.go.jp/data/ssds/5.htm
統計でみる都道府県のすがた 2006
http://www.stat.go.jp/data/ssds/5a.htm
経済基盤を比較すると,地域別の所得格差がよくわかる。


経済格差と日本人 再挑戦の機会拡大が急務     [修正・削除]

日本人の経済格差が広がっている背景や対応策について改めて考えてみたい。まず、日本では非正規労働者の再挑戦の機会が乏しいことを一因に所得階層の固定化が進んでおり、適切な規制改革や社会保障政策などを通じ再挑戦の機会を急いで拡大すべきである。